NMC登録(UK看護師免許)

【NMC登録⑤】NMCに提出する書類リストと注意点まとめ

こんにちは、Mari(@Mari_Nurse_SA)です。

NMC登録では、イギリス看護師免許を取得するための書類や流れをまとめてきました。今回は、各プロセスにおける書類リストと注意点をシェアします。

申請について

書類の提出はすべてオンラインで行われています。必要書類はJPEGまたはPDFでスキャンしておいてください。

必要書類リストと注意点

初回申請時

① 看護師免許(英文)
看護師免許は厚労省から取り寄せます。手数料は無料、約1ヵ月~1ヵ月半で届きます。いつでも申請できるように取り寄せておきましょう。不備があると書類は発行できず、厚労省から訂正の連絡が入ります。時間のロスになるため書類に不備のないように気を付けてください。

問い合わせ先:厚労省資格申請案内

英訳というボタンがありますが、現在ぺージがないため直接厚労省に問い合わせが必要です。

日本の看護師免許は有効期限がありませんが、イギリスは3年毎の更新制です。審査時のトラブルを避けるために3年以内に発行された看護師免許(英文)をおすすめします。

卒業証明書(英文)

卒業した学校に発行してもらいます。こちらもいつでも申請できるように取り寄せておきましょう。卒業証明書は特に有効期限などはありません。

可能であれば、学校のメールアドレスを証明書に記載をしてもらいます。書類関連で何か問題が発生したときにNMCと学校が直接メールアドレスでやり取りができるからです。ですが、なくても問題ないので安心してください。

Application提出時

① 犯罪経歴証明書
各都道府県の県庁で発行しています。日本は犯罪経歴証明書の発行を厳しく管理しています。

証明書発行の目的は「NMC登録、病人と接する活動」のためと伝え、通常発給が可能か事前に各県庁に問い合わせをしてください。

証明書の発行には通常発給特別発給の二種類があります。通常か特別のどちらで発行するかは、同じ県庁だったとしてもそのときの担当者次第です。同じ通常発給の場合は約2週間、特別発給の場合は約2ヵ月かかります。かかる時間がかなり異なるため、事前に問い合わせてどちらになるか確認をしましょう。

特別発給になった場合は、外務省とのやり取りし別途書類提出が必要になります。

海外在住の場合は、日本大使館で発行となります。大体~2ヵ月ほどで受取りができます。こちらもどのくらいかかるか事前に大使館に問い合わせをします。

犯罪経歴証明書には有効期限があります。一般的には発行されてから半年から一年以内が有効期限です。NHS 就職活動・就職手続きの際にも必須の書類になります。証明書の再発行はかなり困難のため、アプリケーション提出とNHS就職活動を同時期ですることをおすすめします。

※過去10年間にイギリス以外の海外に合計12ヵ月以上住んだことがある場合、その国の犯罪経歴証明書が必要です。

必読:Provide character evidence

② DBS
イギリスに3ヵ月以上住んだことがある場合は、DBSが必要です。発行先によってかかる期間は異なるためこちらも事前に問い合わせが必要です。

DBSの有効期限は3ヵ月です

問い合わせ先:Criminal records checks for overseas applicants

③ 行政処分関係英文証明書(確認要)
アプリケーション提出前にcharacter evidenceのメール対応が可能かどうか担当者に確認をします。メール対応が可能なら必要な書類はありません。

メール対応が不可の場合は、代わりに行政処分関係英文証明を提出します。手数料は無料、約1ヵ月~1ヵ月半かかります。厚労省に書類が完成したらスキャンしてもらいNMCから着たメールに返信してもらいます。

問い合わせ先:厚労省資格申請案内

英訳というボタンがありますが、現在ぺージがないため直接厚労省に問い合わせることをおすすめします。

④ 健康チェック
イギリスで看護師として働くにあたり、健康面に問題がないことを医師に証明してもらう必要があります。NMCのメール対応をしてもらう必要があるため、できれば英語ができる医師にお願いしたほうがスムーズです。

特別なことは必要なく、一般診察・バイタルサイン測定のみでOKです。血液検査やレントゲンなどは必要ありません。

アプリケーション申請時にHelath evidence欄に医師の詳細を記入します。

  • 医師の名前
  • 医師のメールアドレス
  • 病院名(またはクリニック)
  • 病院の住所

Health evidenceは、診察をした医師の情報を入力するのみです。証明書は必要ありませんが、NHS就職活動・就職手続きで求められる場合もあるため証明書(英文)の発行してもらっておいたほうが二度手間をはぶけます。

健康チェックの有効期限は6ヵ月以内です

※イギリス在住の場合はGPの診察が必要です。予約に時間(約1ヵ月)がかかるため、余裕をもって予約を取っておきましょう。

必読:Provide health evidence

英語対応なクリニックであれば、事情を説明してやってくれる病院・クリニックあればどこでも良いと思います。自費診療になるので診察や書類の発行にいくらかかるか事前に確認をしましょう。

ちなみに私は東京メディカルサージカルクリニックで堀内医師に診察してもらいました。料金は割高ですが、NMCメール対応の実績もあるためスムーズに対応してくれると思います。(料金:診察・メール対応13,200円、証明書発行5,500円)

トラベルクリニックなども英語対応が可能な医師がいます。費用の比較のために複数の医療機関に問い合わせみることをおすすめします。

⑤ 英語試験の結果
IELTSまたはOETのテスト結果をアップロードします。

おわりに

NMCに提出する書類は以上です。有効期限のある書類もあるためスムーズに提出できるよう余裕を持ち、事前に問い合わせをして入手していきましょう!

以上、【NMC登録⑤】NMCに提出する書類リストと注意点でした。

ABOUT ME
Mari
Mari
看護師/IELTS講師(OA7.5) 2012年看護師免許取得。総合病院勤務を経てカナダへ医療英語留学を経験し、現在イギリス看護師免許申請中。ロンドン市内のNHS病院に就職予定。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です