イギリス看護師の就活

NHS就活③|面接につながるアプライ方法と自己アピールのポイント

こんにちは、Mari(@Mari_Nurse_SA)です。

NHS就活シリーズは、2019年〜2020年にかけて行った私の就活経験をもとに書いています。

はじめに

気になる求人を見つけたら次は応募(アプライ)です。現在のイギリスは看護師不足が深刻なため売り手市場ですが、人気の病院や応募が多数の場合はインタビュー前に選考があります。

インタビューにつなげるためには、病院の求める人物像をふまえた自己アピールが不可欠です。競争率の高い求人でもインタビューに呼んでもらえるようしっかり対策していきましょう!

イギリスは経験重視

日本では新卒一括採用が一般的ですが、少なくとも英語圏の国は経験者を優遇します。むしろ英語圏の国では新卒は就活に苦労します。募集要項に“該当部署に○年以上の経験”が必須などの条件があり、新卒が応募できる求人がないことも珍しくありません。

そのため日本での臨床経験がある求人に応募することが戦略のひとつです。基本的にどの病院も一年以上の臨床経験があれば問題ありませんが、経験のある科に応募すると有利になります。

とはいえ、経験がある科の募集が常にあるとは限りません。興味がある求人にはどんどん応募していきましょう。

ちなみに私は未経験の科でも内定をもらうことができました。未経験の場合は応募者が多数の場合には不利かもしれませんが、受けてみなければ結果は分かりません。そして未経験の科だからといって遠慮する必要もありません。色んな求人に目を向けて積極的に応募して良いと思います。

現在、イギリスは看護師不足のため未経験者も積極的に受け入れています。ですが、私が就活した限りでは一年以上の臨床経験を条件としている病院が多かったです。

“面接につながるアプライ”とは

気になる求人を見つけたら、その求人のJob DescriptionPerson Specificationを必ず読みましょう。

Job Descriptionとは、求人のポジション名・職務内容・求められるスキルなど求人の詳細が書かれています。

参考:ジョブ・ディスクリプション

Person Specificationは、採用選考の過程で求められる個人のスキル・資格・能力・経験などが書かれています。

NHS jobsでは、求人詳細ページの右側に掲載されています。(赤く囲んでいる場所)

NHSjobs求人詳細ページ

応募する前にダウンロードし何度か目を通して求める人物像を理解しましょう。インタビューに呼ばれるためには、病院側に求める人物が応募してきた!と思わせることが重要です。

外国人看護師求人が求めるレベルは、エントリーレベルです。看護師として働く上での基本的な素質とスキルが求められます。

たとえば、私が今までチェックした外国人看護師求人では以下の素質やスキルが挙がっていました。

  • communication skills
  • treat patients with respect and dignity
  • time management skills
  • work within a team
  • compassionate care
  • collaborate with a multidisciplinary team
  • ask for help if necessary

このようなフレーズをそのまま使用または上手に言い換えしながら自分の経験と合わせて自己アピールをしていきます。ただ羅列するだけでなく、実績やエピソードなども含めて記入します。

アプライをする

NHSjobsの場合は、求人に応募すると下記6つの項目をひとつずつ入力していきます。④Supporting informationが自己アピールの場所です。

  1. Qualifications
  2. Employment history
  3. Referees
  4. Supporting information
  5. Monitoring history
  6. Safeguarding

求人に合わせて自己アピールをしていくのは大変な作業ですが、インタビューに呼ばれるためには重要なプロセスです。時間をかけて考えることをおすすめします。

個人で問い合わせる

NHS求人サイトでアプライする方法を紹介しましたが、個人で各病院に外国人看護師の求人がないか問い合わせることもできます。各病院への問い合わせの方法は下記を参照してください。

NHS就活①|イギリスNHS病院の求人探しとエージェントリストこんにちは、Mari(@Mari_Nurse_SA)です。 NHS就活シリーズは、2019年〜2020年にかけて行った私の就活経験...

メールで問い合わせする場合は、返信してもらえるように内容を工夫しましょう。下記は私が問い合わせのときに送ったメールです。

タイトル:Inquiry: Job vacancies for international nurses

題名は一目でどのような内容か分かるように簡潔に書く

 

本文:To Whom It May Concern,

Good morning.
My name is(名前), living and working as a registered nurse in Japan.

現在の居住地を忘れずに

I’m looking for job vacancies for international nurses at (病院名). I’m applying to NMC now and my application is going well – the only thing that I have left is OSCE.

NMC登録の進行状況を書く=外国人求人への申し込み資格があることをアピール

My area of expertise is (専門分野). I’d be happy to work departments that I have worked before, but I’d gladly work at any department. (専門分野にこだわりがなければ他の科にも意欲があることをアピール)

自分の専門分野を書く

I’m dedicated and hard-working and I value compassion when delivering nursing cares. I have more than (経験年数を書く) experience as a RN, so I’m sure that I’ll be able to contribute to your hospital.

自己アピールをする

I’ve attached a CV and a screenshot of the NMC portal site.

CVを忘れずに添付、できればNMCのスクリーンショットも証拠として添付する(※アプリケーションナンバーや住所など個人情報に注意してください)

I’m looking forward to your reply.

Kind regards,
名前

このメールは一般的な問い合わせをするとき向けの内容です。病院や興味のある病棟など特徴に合わせて内容は工夫してください。

おわりに

就活には時間とエネルギーがかかります。就活システムや求められることが日本とは異なるため慣れない部分もありますが、しっかりと準備すれば問題ありません。“面接につながるアプライ”を意識して求人に応募していきましょう!

以上、NHS就活③|面接につながるアプライ方法と自己アピールのポイントでした。

ABOUT ME
Mari
Mari
看護師/IELTS講師(OA7.5) 2012年看護師免許取得。総合病院勤務を経てカナダへ医療英語留学を経験し、現在イギリス看護師免許申請中。ロンドン市内のNHS病院に就職予定。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です