ケープタウン

【基本情報】雄大な自然が魅力の港町、ケープタウン

Cape Town / ケープタウン
 

発音 / Chris

はじめに

ケープタウンは、ウェスタンケープ州に属する南アフリカ共和国の最大の観光地です。首都のひとつ(立法府)であり、ヨハネスブルグに次ぐ第二の都市として知られています。ケープタウンは、大都市でありながら自然と調和している街です。その美しい街並みや自然を魅力に世界各国から観光客が訪れます。

面積と人口

400.3㎢、381万人

ヨハネスブルグの1,645 km²に比べると1/4とコンパクト。市中心部の観光スポットはそれぞれ車で15-30分ほどで行くことができる。人口は増加傾向で毎年2-3%の伸び率で増加している。

人種分布

カラード42.4%、黒人38.6%、白人15.7%、アジア・インド系1.4%、その他1.9%
ケープタウンの特徴としてカラードが多いことが挙げられる。長い間イギリスの植民地だったことから白人はイギリス系が多い。

ケープタウン出身の人々は”Capetonian”(ケープトニアン)と呼ばれている。私の彼氏Chrisは、ケープトニアンです。
発音 / Chris

言語

ケープタウンで話される言語は主に3つ。
一般的に黒人はコサ語、カラードはアフリカーンス語、白人は英語またはアフリカーンス語を母語とすることが多い。多くの人が英語を話すことができ、観光地やレストランは英語が通じる。

気候

地中海気候で通年を通して温暖な気候。観光のベストシーズンは、夏である12月から3月。夏は乾季、冬は雨季となる。山があるため、予測しにくく変わりやすい天気が特徴。ケープタウンは半島でインド洋と大西洋に挟まれているため、春から夏の終わり(8月~4月)にかけて強い南東の風が吹く。この強い風のことを地元ではCape Doctor(ケープドクター),South-Easter(サウスイースター)と呼んでいる。住宅街の木々は傾いているほど風は強い。

公共交通機関

日本のような充実した公共交通機関は整備されていない。車を持たない人々の多くは、安価なミニバスタクシーや電車を利用している。上記2つは、安全性と正確性に劣るため観光には不向き。観光バスは、CitySightseeingMyCitiが有名。都市部ではUberの利便性が高く、観光にも利用できる。

公共交通機関の不充実を背景にケープタウンは車社会となっている。家庭によっては、一人一台車を所持している。そのため渋滞と駐車場不足が問題となっている。

おわりに

ケープタウンの魅力 by Mari

何と言っても多くの観光地があり、都市部と自然の両方を楽しむことができることです。たとえば、ケープタウンの象徴であるテーブルマウンテンを始め、ライオンズヘッド、ウォーターフロント、ボルダーズビーチ、ワイナリー、ビーチ、喜望峰など世界屈指の観光地が揃っています。足を延ばせばサファリにも行くことができ、南アフリカに旅行するなら必ず訪れたい場所です。

V&A Waterfront

Mari
Mari
以上、ケープタウンの簡単な基本情報でした。これから随時ケープタウンの魅力や治安情報をシェアします! 

ABOUT ME
Mari
Mari
看護師。2012年看護師免許取得。総合病院勤務を経てカナダへ医療英語留学を経験し、現在イギリス看護師免許申請中。IELTS OA7.0取得、CBT合格。NHS病院に就職予定(conditional offer)渡英に向けて準備中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です